2012年3月24日土曜日

ネットワーク パケットを遅延させる

パケットを遅延させる方法。
まさおのブログ (表): Ubuntu でルータ (IPv4) と組み合わせて使うと応用が効く。
(確認した環境: Ubuntu 10.04)

eth1 から出力されるパケットに 500ms の遅延を追加する。

# tc qdisc replace dev eth1 root netem delay 500ms

(設定の確認)
# tc qdisc show
qdisc netem 8001: dev eth1 root refcnt 2 limit 1000 delay 500.0ms
qdisc pfifo_fast 0: dev eth0 root refcnt 2 bands 3 priomap  1 2 2 2 1 2 0 0 1 1 1 1 1 1 1 1

設定を元に戻す。

# tc qdisc del dev eth1 root netem delay 500ms

(設定の確認)
# tc qdisc show
qdisc pfifo_fast 0: dev eth1 root refcnt 2 bands 3 priomap  1 2 2 2 1 2 0 0 1 1 1 1 1 1 1 1
qdisc pfifo_fast 0: dev eth0 root refcnt 2 bands 3 priomap  1 2 2 2 1 2 0 0 1 1 1 1 1 1 1 1

参考:
http://diary.sshida.com/20061103-7-diary.html
http://linux-biyori.sakura.ne.jp/setting/st_netem.php

● network, ネットワーク, packet, パケット, latency, 遅延, 追加, 遅らす, tc, delay, netem

0 件のコメント: